アフィリエイトで稼ぐ仕組みの作り方!
中高年がアフィリエイトで稼ぐ方法を実践中!
WordPress

「All-in-One WP Migration」の容量制限を増やして引越する方法!

容量を増やす

WordPressで作ったサイトを、別のサーバーに引越し(移行)したい時、「All-in-One WP Migration」のプラグインを利用すると、難しい設定をすることなくまるごと移転できるので超便利です。

でも、メディアファイルの容量が大きくて容量が30MBだけでは足りない、移行するのは無理(>_<)

『どうにかならないの?』そう悩んでしまったことありませんか?

そこで、

追加のプラグインをインストールするだけで、512MBまで容量を増やす方法。

それでも足りない?900MBまで増量して、まるごと引越しできた方法。

を、順番にご紹介していきます。

条件は、移転先のサーバーがXserverですが、実際に面倒くさくて難しい設定をする必要もなく、私でも無料で簡単にできました。

All-in-One WP Migration」のプラグインをインストールしたけど、30MBだけでは容量が不足して困ったという時に、試してみてください。

WordPressのデータをまるごと引越し手順

まずは移転元WordPressのデータを、一式まるごとエクスポートするために、「All-in-One WP Migration」のプラグインをインストールします。

All-in-One WP Migration」のプラグインをインストール

プラグインを追加の画面から「All-in-One WP Migration」を検索してインストールします。

「All-in-One WP Migration」のプラグイン

インストールが終わったら、次に有効化します。

「All-in-One WP Migration」の有効化

All-in-One WP Migration」でデータをエクスポート

有効化が終わると、「All-in-One WP Migration」でエクスポートができるようになりますので、エクスポート先を展開(クリック)し、ファイルを選択します。

サイトのエクスポート

そして、しばらくするとデータをダウンロードできるようになります。

155MB

あとは、ダウンロードのボタンを押せば、エクスポートは終了です。

All-in-One WP Migration」でデータをインポート

次は移転先に、WordPressのデータを一式まるごとインポートするため、「All-in-One WP Migration」のプラグインをインストールします。

上記で説明済みのため割愛しますが、インストール後に有効化するとインポートが可能となります。

インポート

ただし、最大のアップロードサイズが30MBとなっています。

ダウンロードのサイズが155MBですから、このままではインポートできませんね。

そこで、最大アップロードサイズを上げる方法を確認すると

  1.  .htaccessファイルを更新する
  2.  wp-config.phpファイルを更新する
  3.  ホスティングプロバイダに連絡する
  4.  プラグインを使う

の4種類の方法が提示されています。

そこで、一番面倒もなく手っ取り早い「4.プラグインを使う」で、512MBまで容量を増やす方法をやってみました。

512MBまで容量を増やす方法

「all-in-one-wp-migration-file-extension」プラグインをインストール

512MBまで容量を最も簡単に増やすには、「all-in-one-wp-migration-file-extension」のプラグインをインストールすることです。

最大アップロードサイズを上げる方法をクリックすると、4.プラグインを使うがありますので、そのしたのURLをクリックします。

プラグインを使う

すると、オールインワンWP移行インポートという画面が表示されます。

基本の部分で、最大512MBまで無料となっていますから、こちらのプラグインをダウンロードします。

WP移行インポート

ダンロードしたファイルは、「all-in-one-wp-migration-file-extension.zip」となっていますから、プラグインの管理画面でインストールし、有効化させてください。

最大512MBまでデータをアップロードできるようになりました。

512MBのインポート

これで、155MBのサイズでも問題なく引越しできます。

900MBまで容量を増やした方法

ここまでは、プラグインをアップロードしただけで、簡単に512MBまで容量を増やすことができました。

しかし、別のブログの引越しで841MBというデータ容量が発生し、プラグインだけではもう追いつきませんでした。

841MB

そこで、アップロードサイズの上限は、利用しているサーバーによって初期値は異なりますが、これを変更することでファイルサイズを変更することができます。

上限値を変更するには、以下3つの方法があります。

  1. php.iniで設定する方法
  2. .htaccessで設定する方法
  3. functions.phpで設定する方法

エックスサーバーなら、サーバーパネルからphp.iniの編集ができ、簡単に容量を増やすことができます。

では、実際にやってみましょう。

エックスサーバーのphp.iniでアップロードの容量を変更する

エックスサーバーのサーバーパネルで、「php.ini設定」 をクリック。

サーバーパネル

次に、php.iniを設定するドメインを選択します。

ドメインを選択

memory_limit 、post_max_size 、upload_max_filesize を、アップロードしたいファイルサイズにより適宜変更し「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

この時に、設定する数値は必ずmemory_limitを一番大きくupload_max_filesizeを一番小さくしておく必要があります。

  • memory_limit
    PHPのスクリプトが利用できるメモリ容量の最大値
  • post_max_size
    POSTデータの最大サイズ
  • upload_max_filesize
    アップロードされるファイルの最大サイズ

数字の設定が終わったら、「確認画面へ進む」のボタンを押します。

つぎに、確認の画面が表示されますので、間違いがなければ「する」のボタンをクリックしてください。

確認画面

以上で設定は完了です。

WordPress移転先の「All-in-One WP Migration」のインポートで、アップロードサイズを確認してみましょう。

900MBとなっていますね。

ファイrサイズ900MB

これで、841MBというデータ容量でも問題なく、インポートできるようになりました。

実際にやってみても、難しいことは全くなくできました。

容量が不足して困ったときには、ぜひ試してみてください。