アフィリエイトを始めるために最初に知っておきたい12のこと!

目安時間:約 14分
アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトとは、一体何なんでしょうか?

アフィリエイト」の意味がよくわからない。

あまり聞いたことがないという方のために、そもそも何か?

基本的に知っておきたい12のことを、最初に説明したいと思います。

一般的なアフィリエイトの構図

アフィリエイトの流れ

アフィリエイトとは、「加入する」、「提携する」、「関係する」といった意味あいがありますが、広告主(スポンサー)と、提携する事と受け取れば、一番わかりやすいかなと思います。

広告主

上記の一般的なアフィリエイトの構図にある、「広告主」とは、メーカー(製造者)であったり、「販売者」または代理店などで、商品をセールス(営業する)目的で、広告を出します。

購入者

悩みを解決したり、生活を豊かに便利にする目的で、広告主の商品を購入したり、サービスを利用したりするユーザーで、購入者=「お客様」・消費者に当たります。

アフィリエイター

告主とアフィリエイト(提携)し、商品を紹介する者(人)のことを、アフィリエイターと呼びます。

具体的には広告主の商品またはサービスを、自身で作成したサイトやブログ・メルマガなどの媒体を通して、購入者=「お客様」に紹介していきます。

ASP

ASPとは、アフィリエイト・サービス・プロバイダの略称で、広告主とアフィリエイターの仲介役を担っています。

何故ASPが仲介するのか?

このように考えてください!もしASPがなかったら・・・

アフィリエイターは、広告(例:ダイエット商品だったり、金融商品だったり、家事代行のサービスだったり)をアフィリエイトする場合、個別に広告主(スポンサー)と提携しなければならなくなり、1件1件申請し、承認を受ける必要が生じるため、複雑で面倒な作業が発生してしまいます。

一方、広告主側は、そもそも集客してくれるアフィリエイターを、集めることから始めなくてはならず、個別に申請してもらい、提携の契約、成約・報酬の管理といった、作業が発生してしまいます。

また、成約・報酬に関しては、アフィリエイトタグ(個々のアフィリエイターを識別するコードURL)を発行できる、高度なシステムそのものも構築していないと出来ません。

このようにASPが仲介することで、猥雑な作業が整理され、両者がWINWINの関係になることが出来るのです。

その為、一般的にアフィリエイターは、ASPと提携(仲介を通し)てアフィリエイトするのがほとんどです。

※一部ですが、直接広告主と直でアフィリエイトできるサービスもあります。

広告主は商品を宣伝するためにアフィリエイトを活用し始めている

ネットで探す

私たちは、広告主(スポンサー)の宣伝を見て、商品を購入したり、サービスの提供を受けたりすることがあります。

例えばTVのCMだったり、電車の中吊り、新聞や雑誌の広告など、きっとあなたも何かの広告を見て、つい買ってしまったり、購入まではしなかったけど、欲しいと思った経験があるはずです。

広告主は、製品や商品、またはサービスの良い所を、出来るだけ世の中の多くの人に知ってもらい、そして使ってもらいたいと考えています。

何故なら、より多くの人に購入や、利用をしてもらうことで、販売の収益が上がるからです。

販売促進のセールスには、営業マンが欠かせない!

  • テレビでのCM広告(幅広く宣伝出来るが、非常に高額)
  • 新聞や雑誌の広告(商品の良さをアピールするのに限界がある)
  • 電車やバスの中吊り広告(商品イメージが伝わるだけで、セールスとしては弱い)
  • 営業マンを雇う(商品の良さを一から伝えて、販売に大きく貢献するが人件費として、企業側の固定経費の負担が多くなってしまう)
  • 経費を抜きにすればより多くを販売、セールスするためには営業マンを雇うことで、効果の高い促進につながります。

しかし、問題は人件費という固定経費が、広告主に重く負担がかかってしまうことです。

大企業ならいざしらず、中小・零細企業では、人件費は適度に抑えないと、死活問題となってしまいます。

一昔前までは、歩合制で営業マンを雇うことが出来た時代もあり、零細企業では重宝しましたが、雇われる側からすると、収入が安定しないため、現在ではそのような求人を出しても、ほとんど応募がありません。

人件費を抑えられて、営業マンを確保できるとしたら

歩合制の営業マンを雇うことが難しい現代、もしリスクの少ない、歩合制の営業マンを活用出来るシステムがあるとしたら・・・

それがアフィリエイトの成約報酬というシステムなのです。

アフィリエイトの報酬には「成約」と「クリック」型がある

アフィリエイターと広告主(またはASP)が提携しただけでは、報酬は発生しません!

あくまでもアフィリエイト広告から、お客様が購入(またはサービスを受ける)した時点で、発生します。

さらに言えば、お客様が購入注文した時点では、報酬が発生しただけで、成約とはなりません。

「何それ?」と思われるでしょうが、虚偽の申請だったりキャンセルやクーリングオフなどもあるからです。

そのため、ご注文頂いた商品がお客様に届いて、支払いも滞りなく行われた後に、初めて広告主が「成約」として確定するのです。

アフィリエイト(広告主の商品をサイトやブログで紹介)しただけでは、成約にはなりませんから、固定経費はかからず、成約して初めて報酬を支払いますから、まさに歩合制の営業マンを雇っているといってもいいでしょう!

一般的なアフィリエイトの多くは、この「成約」報酬システムを利用しています。

単価は一件100円くらいのものから、10,000円以上のものまで様々です。

一方「クリック」報酬とは、ブログなどに貼り付けた、広告をクリックしてもらえば、それだけで報酬が発生し、確定もします。

代表的なクリック型のアフィリエイトは、グーグルアドセンス Google AdSense‎です。(実際には他にも幾つか、クリック型の広告はあります。)

但しクリック型は、平均単価が10円から40円程度と非常に安く、かなりの数でサイトやブログに訪問者がないと稼ぐことができません。

そのため10万円以上を3ヶ月以内で稼ぐとしたら、ASPに登録して1件当たりの単価が、1,000円以上のもの、できれば2,000円以上をアフィリエイトするようにおすすめします。

登録しておきたいおすすめのASP

ASPには得意な分野もあり、同じ商品でも単価が違っていたりしますから、下記のASPにまずは無料登録しておきましょう。

  1. A8.net:最大手のASPで、商品やサービスが充実しています。
  2. afb:他より単価が高く設定されていて、満足度No.1のASPといえます。
  3. アクセストレード:通信系のASPが得意です。
  4. バリューコマース:こちらも案件数を沢山持っているASPです。
  5. もしもアフィリエイト:楽天やアマゾンが簡単に現金化できる、知る人ぞ知るASPです。

稼ぐことに失敗しないのがアフィリエイト

『私、失敗しないので・・・』という名台詞があります。

何故アフィリエイトを勧めるのか?というと、元手がほとんどかからずに稼ぐことができるから、失敗しようがないからです。

もしあなたが何か商売でも始めるとしたら、結局は元手(資本)が必要になってきます。

でもアフィリエイトは、元手がなくても簡単に始められる唯一の方法なのです。

極端にいうと、無料のブログレンタルサービスを利用すれば資金が0円でも始められるのがアフィリエイトです。

おすすめの無料レンタルブログ

アフィリエイトをする上では、サイトやブログの作成は必須です。

しかしWEBサイトを作成するとなると、HTMLのスキルが必要であったり、またはサイト作成のツール【上位版】>>「SIRIUS」などが必要になります。

もし初心者がアフィリエイトを始めるとしたらブログが良いでしょう。

おすすめの無料ブログを紹介します。

FC2ブログ
利用者が一番多くメジャーなブログです。
Seesaaブログ
一つのアカウント(メールアドレス)で、5つまでブログを作成できます。無料ブログ中では、一押しです。
livedoorブログ
こちらも、2ちゃんねるまとめサイトなどでも利用されている、マニアも利用しているレンタルブログです。

※、この他にも、アフィリエイトがOKなブログはあります。

レンタルブログの中でも、アフィリエイトが禁止というものもありますので、無闇矢鱈と使うことは出来ません。

特にお気に入りのブログがある場合は、必ずアフィリエイトが可能かどうか、規約を確認した上でつかうようにしましょう!

削除のリスクを負わないために

無料のレンタルブログを使う場合、削除のリスクを負わなければいけません。

私は過去に、FC2ブログで理由がわからないままかなりの数のブログを削除されたことがあります。

Seesaaブログやlivedoorブログでは一度もありませんが、やはり借りているものは、いつこのリスクを負うはめになるかわかりません。

そこでおすすめしたいのが、HP作成ソフトの定番です。

「SIRIUS」HP作成ソフト

WordPress(ワードプレス)でブログを作成する。

WordPressなら先に紹介した「SIRIUS」を購入しなくとも、見栄えのよいブログを作成することが出来ます。

WordPressのテーマおすすめ

無料のもので日本語対応の人気のあるデザインです。

  1. Cocoon(コクーン)

最近開発されたばかりの進化系テーマで、機能が充実しています。

  1. Simplicity(シンプルシティ)

作者が同じで、無料では長年愛されている内部SEO施策済みのテーマです。

  1. Luxeritas

洗練されていて、女性受けのしやすいテーマです。

有料のWORDPRESSのテーマ

有料のテーマのなかでも価格が手頃な上に、SEO対策もしっかりとできて初心者にもおすすめです。

特にSEOに強こと、多機能で洗練されているもの、しかも手頃な価格です。

  1. 【WING】WordPressテーマ

WordPressを利用する場合のコストとしては、他にドメイン代とレンタルサーバー代が必要になりますが、削除されるリスクはほとんどなく、また検索エンジンからの評価も高く、SEO的にも有利です。

ドメイン代

ドメインとはWEB上の住所のようなもので、世界に一つしか存在しません。

あなたのアフィリエイトに合わせた.comや.netなどのドメイン代は、年間でも1ドメイン1200円程度で済みます。(非常に安いドメインもあります)

サーバー代

次にレンタルサーバーですが、これは住所を構える土地のようなものです。

こちらは1ヶ月当たり1,000円程度で、もっと安いものもあります。

1つのサイトを作成するとしても、年間のコストは15,000円以内で済みます。

ではおすすめのドメイン取得サービスと、レンタルサーバーをご紹介しましょう。

ドメイン取得サービス

  1. ムームードメイン

最も多くの方が利用している取得サービス会社です。

  1. お名前.com

大手の会社で、人気の日本語ドメインも取得できます。

  1. VALUE-DOMAIN

信頼の高い人気ドメイン「.com」が取得できます。

レンタルサーバー

  1. XSERVER(エックスサーバー)

管理画面もわかりやすく、もっとも安定して使えるサーバーです。

  1. MixHost(ミックスホスト)

今人気の月額880円からのパワフルで高速なクラウドレンタルサーバーです。

  1. JETBOY

月々980円からりようできる、こちらも高速でおすすめなサーバーです。

準備が出来たら、早速ブログの作成に入っていきましょう。

まとめ

アフィリエイトとは広告主の商品やサービスをお客様に紹介することです。

一般的には、ASPを通して広告タグを取得し、ブログやサイトには貼ります。

無料ブログから始めることもできますが、リスクヘッジやSEOのことも考えると、少しの投資としてドメインの取得と、レンタルサーバーを借りて運営していくことがおすすめです。

準備が整ったら、ブログを作成していきましょう。

画面キャプチャーの取込み編集が超簡単!Screenpressoの使い方12選!

目安時間:約 10分
画面キャプター2

ブログに訪れていただいたお客様に、使い方を説明したいときってありますよね。

そんな時は、画面をキャプチャーした画像があればよりわかりやすく解説できます。

例えば、作業の手順をわかりやすくするためには、画面を使って説明したほうがより解りやすいですから、画面を1枚1枚キャプチャーしてブログに貼り付け、説明を付け加えます。

でも画面のキャプチャー撮ってブログに貼り付けるまでには、実際やってみると単純な割にはいくつかの工程があって、作業に手間がかかり結構時間もとられてしまうなぁと思いませんか?

特に何枚ものキャプチャーが必要な時は、たったの一工程だけでも少なくできれば、それだけ時間も短縮できるのに・・・

実は、わたしは以前キーボードのFN+ALT+PrintScreenを押してキャプチャーし、ホームページ・ビルダーについている「ウェブアートデザイナー」を使って加工しながら、一つ一つの画像をブログに貼り付けて作業をしていました。

とにかく1つ説明するのに画像をキャプチャーしてソフトを開いて加工し、保存してからファイルを選択し、ブログに一枚ずつ貼り付けるという作業に時間がかかってしかたありませんでした。

そんなこんなで悩んでいた時、フリーソフトで「Screenpresso」を知り、早速ダウンロードして試してみました。

何より感覚的に使いこなせてすばやくキャプチャーでき、無料なのに切り取り、枠組み、矢印、テキストや吹き出しの追加加工もできるというスグレモノです。

Windows付属のSnipping Toolより、使い勝手も抜群にいいですし、工程も確実に1つは少なくて済みます。

今回は、フリーの画面キャプチャーソフト「Screenpresso」の魅力を、十分にお伝えしていこうと思います。

「Screenpresso」があれば無料版でも、表現力のある生き生きとしたブログを、短時間で作成することができるようになります。

「Screenpresso」でできる12のこと

では、具体的に「Screenpresso」でどんなことができるのか?

基本的な12のことを、早速ご紹介していきます。

1.パソコンの画面を素早くキャプチャーする

「Screenpresso」では、PCの画面を素早く範囲指定して、取り込むことができます。

画面を取り込む様子は、動画の方がわかりやすいので、GIFアニメーションにしました。

取り込見たい画面があったら、「Screenpresso」を立ち上げ、右の四角のボックス(ワークスペース)が開いたら、「キャプチャ」⇒「指定領域のスクリーンショット」をクリックし、範囲を指定するだけで、スグに取り込むことが出来ます。

取り込んだ画面は「Screenpresso」の「ワークスペース」内に自動的に画像が保管されます。

また、「Screenpresso」の画像エディタを使って編集することも簡単に出来ます。

以下からは、画像エディタを使った編集の仕方について紹介していきます。

2.取り込んだ画像に矢印を描く

PCの画面から取り込んだ画像に、矢印を入れて何処を指すのか?を表現できます。

通常の矢印や一本線は、曲線にしたり色も自由に変更することができます。

3.四角形の枠で囲む

PCの画面から取り込んだ画像の、指定する部分を四角形の枠で囲むことができます。

これによって、「ロゴ」や「文字」の部分を装飾したり強調するといった表現で利用できます。

線の太さを変えて調整したり、角に丸みをつけたりすることもできます。

また、枠で囲った部分をハイライトにするといった編集も出来ます。

4.テキストボックスで文字を追加する

テキストボックスを利用して、すきなところに文字を入れることができます。

画面キャプター5

文字はフォントや色を変えることも出来ますし、移動してピッタリの場所に配置することも可能です。

5.吹き出しで装飾する

吹き出しを追加して、すきなところに文字を入れることができます。

画面キャプター6

描画オプションを使って「フォント」や色も自由に変えることが出来ます。

6.番号をつけて順番を解りやすくする

番号を振ることで順序が明確になり、訪問いただいたユーザーに対して、説明と理解がしやくすなります。

画面キャプター7

ちょっとしたことですが、実際にこの機能がない場合、番号をつけるのも面倒な作業になってしまいます。

その他、「A」「B」「C」の順番にすることもできます。

7.強調したい部分をハイライトする

画面キャプター8

色を指定して、範囲を囲むだけで透過された枠が簡単に完成します。

8.楕円の枠で囲む

画像のなかの強調したい部分を、楕円の枠で囲みます。

画面キャプター9

まずはアフィリエイトを知ろう!」を、楕円の枠で囲んでみました。

色も自由に変更できます。

9.指定の領域をぼかす

隠したい部分に、簡単にマスクをかけることができます。

画面キャプター10

「プライバシーポリシー」の文字を、ぼかしてみました。

写真などの他人の顔をぼかしたい場合など、簡単に出来ます。

また、ぼかしの度合い(レベル)も自由に変更できます。

10.画像を追加する

デフォルトで用意されている画像は勿論、PC内に保管してある画像も追加出来ます。

画面キャプター11

クラッシック・マウス・キーボード・テキストなど、ギャラリーから選択して貼り付ける事ができます。

これで、オリジナルティあふれる画像を作ることが出来ますね。

11.ルーペでくっきり

ルーペを使うと見た目もよく、直感的にブログの訪問者に伝える事ができます。

画面キャプター12

吹き出しの場合は、文字でわかりやすくしたり、不足の情報を補ったりするときなどに使います。

それに対して、ルーペを使うことで見たまま直感的に、指定場所をユーザーに伝える事ができます。

倍率調整もできるようですが、こちらは有料のようで無料だとボケてしまいます。

それでも見ていただいている倍率は1倍なのに、大きくなったような感覚になり、なによりその部分がくっきりとしたようにみえますね。

また、画像を追加の中にも「ルーペ」があり、簡単に追加できます。

とってもおすすめです。

12.画像の切り取り

今回は、「ロゴ」の部分を切り取ってみました。

画面キャプター13

画像で切り取りたい部分を指定して、抜き出すことができます。

また、切り取った画像をさらに編集することも出来ます。

その他の機能

その他にも「Screenpresso」では、下記のような機能を使うことができます。

「ポリゴン描画」

四角形以外の多角形を描く事ができます。

「フリーハンド」

どの部分にも、自由に描くことができ、手書き風の文字としても使えます。

「波括弧を描く」

こちらも強調するという意味で、デザインてきにも利用できる機能です。

まとめ

「Screenpresso」はいかがでしたか?

各機能では、「色」「塗りつぶし」「フォント」「文字サイズ」「線の幅」「影」などを、さらに細かく指定することもできます。

画像をキャプチャーや装飾するツールが欲しいと思っている方には、大変お勧めだと思います。

また、現在ソフトを持っている方は、使い勝手を比較してみるのもいいですね。

私は今まで、ホームページビルダーについている「ウェブアートデザイナー」を使っていました。

でも「Screenpresso」を利用するようになってからは、「ウェブアート」を殆ど利用することがなくなりました。

何故なら、簡単にキャプチャーできて、しかも作業の工程が1つ2つ減るため、作業効率も良いです。

早く画像処理、加工を済ませることができ、時間短縮にもなります。

何より、虫眼鏡というか「ルーペ」機能は、特に気に入って有料でも欲しいかも?と思っていたところ、これを見つけて無料には驚きました。

ご紹介した「Screenpressoでできること」は、無料で使える部分だけです。

これだけ色々できれば、その他の機能はほぼ必要ないと思います。

「Screenpresso」を無料で手に入れる

まずは無料で使ってみたいという方は、⇒「Screenpresso」からダウンロードしてください。

直感的に利用できると思いますので、まずは触ってみることをお勧めします。

感想をお寄せください。

今回は、「Screenpresso」の機能をご紹介しましたが、簡単に結構使えると思います。

是非、感想をお寄せください。

例えば、「もっと無料でよいのがあったよ」とか、「ためしてみようかな?」とか、なんでもいいです。

短いコメントでも良いです。

ページの先頭へ